FC2ブログ
Hokaman-blog
多分これが一発目のショック。

 研修期間初期の会話
社員「君は何をやりたくてこの会社に入ったのかな?」
自分「はい、リサイクルプラントの設計や建設などに携わりたいと思っています。」
社員「ああそれね、昔はやってたんだけど今は儲からないからやめたんだよ。え、HPに載ってるの?早く消さないとな~。」

たった半年ですが、お世話になりました。
スポンサーサイト



この記事のURL | 2007.09.23(Sun)-09:44 | 雑記 | Comment : 01 | Trackback : 00 |

 

 いざ
人生の分かれ道へ。
行ってきます。

続きを読む »

この記事のURL | 2007.09.13(Thu)-18:22 | 雑記 | Comment : 04 | Trackback : 00 |

 

基本的に、僕は麻生さんが大好きです。
だいぶ昔のネタですが、久々に見てもやっぱり笑えます。

2005年10月31日外相就任会見より─
* 記者:朝日新聞の鮫島です
* 麻生:はい
* 記者:えっと…
* 麻生:久米島?
* 記者:鮫島……
* 麻生:鮫島。ごめん
* 記者:総理はですね、今回の人事で、ポスト小泉を競わせるというようなお考えを示していますが、
    この布陣をみてですね、麻生大臣にとってのライバルはどなただとお考えですか
* 麻生:マスコミかな? どうぞ次。

ホント大好きです。
この記事のURL | 2007.09.07(Fri)-23:52 | 雑記 | Comment : 00 | Trackback : 00 |

 

オリンピックですね。
心・・・躍らないですねぇ。残念ながら。

多分僕の知り合いの中にも見に行かれる方がいらっしゃるかもしれませんが、まぁよく注意をして行って欲しいと思います。
↓ヒント:本音って何?
別に心情的に中国が嫌いとか言ってるわけじゃないんですが、客観的事実を並べていくと・・・渡航に際してはとても注意が必要な国ではないかと。
例えば、ただいま急ピッチで建設が進んでいるメインスタジアム「国家体育場」。中国の建造物といえば最近ニュースでも出てきますが、ただでさえあんなことこんなことが起こる上、納期が厳しくしかも外人デザイナーの設計した建物ということは・・・まぁ、その・・・手抜き工事の可能性は十分にあるんではないかと。

前述の例でいきますと、320mもの長さの橋に鉄筋を使わない上に骨材としては大きすぎる石。そりゃ足場ばらした途端崩れます。また2つ目の例も、いくら人程度の荷重とはいえここまで破損している以上、想定している荷重に耐えられるか不安ですね。それをおいそれと「安心」などという専門家は、何の専門家なのかと。理系じゃなくても疑問です。
そんな危険な建築を行う人々が建てた建物で9万人もの人が観戦をするわけですから、まぁどうなることかと。ちなみに盛り上がったときの大阪ドーム周辺は震度4くらいになるそうです。しかも震源はドームそのものですからね。
といっても観戦が目的な以上、スタジアムに入らなきゃ意味ないですからねぇ・・・でも知識として「この建物は危険かも」ってことを持つことは、些細なこと(小さいヒビ、やけに揺れる、傾いてる、etc...)に気づくきっかけになるので、不必要な事では無いはずです。

観光で行かれるのにこんな事を言うのも難ですが、常に警戒心を心の片隅に持っておいたほうがいいと思います。日本じゃ考えられないことが起こるかも知れないので。
バスに乗ればこういう光景や、川を見ればこういう光景(グロ注意)が見られ、飛行機に乗ればこういうものが出て、自動車で事故ればこういう目に逢う・・・はずねぇよ!
とは言い切れないんですね~。ほとんど実際の中国での写真を引っ張ってきてますから。ごく一部(一部じゃないかもしれませんが/汗)とはいえ現に起こっている事なので、起こらないとは限りません。
こと、食物に関しては本当に注意して下さいね。直接体に影響のあるものなので・・・とか特に。

中国へ行かれる皆さん、くれぐれも、知り合いに心配を掛けずに帰ってきてくださいね・・・

続きを読む »

この記事のURL | 2007.09.02(Sun)-00:36 | 雑記 | Comment : 02 | Trackback : 00 |

 

| HOME |
 
 プロフィール
 最近の記事
 過去の記事
 カテゴリー
 ブログ内検索
 現在時刻
テンプレート配布元 【画像】武蔵小杉特集 【壁紙】0円のweb素材屋さん