FC2ブログ
Hokaman-blog
「イエァ!」って叫びどこかで聞いたことがあると思ったら、ハガレンのヒューズ中佐の親バカ発言の時の叫びなのね。

さて、あちこちで話題になってるソフトバンクの詐欺まがいの広告戦略ですが、遅ればせながら面白いのがあったので紹介。
ソフトバンク「これより視力検査を始めます」
さて・・・下の重要な字は読めましたか?
たとえば①の画像だと、巨大な「メール代¥0」の文の下に小さな(というか見えない)字で
「無料対象はSMSのみ」
「ソフトバンク携帯電話から送信されたS!メールの読出には料金がかかる。(受信通知は無料)」

※このページでは訪問者様のためを思い、若干大きめの文字で表示しています。
ちなみにSMSは番号だけでやり取りできる簡易メール、S!メールは他社とやり取りできるEメール。
いや、どこが無料だよと思うのが普通の反応だろうね。
ってか、広告としては限りなく詐欺に近いんじゃないかと。DoCoMoの社長さんも言ってるし。←注:DoCoMoの宣伝なのでそこんとこは意識しといてください。
こんなことするハゲ奴が社長だと、これも疑惑があるように思えて仕方がない。よもや強制措置?とでも思いたくなるようなことだけに、ますます不信感が増大。
まぁ、あっちの人間は何するか分からんしなぁ。
あと、なるべく中立そうに見えた記事で目に付いたのを掲載。
+D mobile 「ソフトバンクの新料金プランは、”予想外”に複雑」
Impress ケータイ 「本当にオトク? ソフトバンクの「全機種0円」」
WILLCON NEWS 「ソフトバンク・ゴールドプラン(予想外割)の落とし穴」
↑注:WILLCOMの宣伝も入ってるのであしからず。
まぁこんだけやっといて後の対応どうなるのか、自分にはあまり関係ない会社ながら今から心配。だって日本の3大携帯電話キャリアの1つが潰れようもんなら、どう考えても多かれ少なかれ混乱起きるしねぇ。
送られてくる請求書は「予想外」で笑って済まされるもんじゃないから。
ホント、ソフトバンクに関わってる人は気を付けて。
スポンサーサイト



この記事のURL | 2006.10.28(Sat)-23:35 | 雑記 | Comment : 00 | Trackback : 00 |

 

木曜洋画劇場のキャッチフレーズってイカしてるよね。
ダブルチームに「ハッスルマッチョ三つ巴」とか
プレデターで「歳末一斉大掃除!」「拳のマニュフェスト!」とか
D-TOXに「酒と、涙と、スタローン」とか。
いったいどこの誰が考えてんねん、と突っ込みたくなる。

眠い。
眠い。
2回書く意味ない。

明日は朝から学校。いや、部活はあるんだけどなんか研究室の奴らがやる気出してるから午前中だけは付き合って卒研やるわ。
だからごめん、明日は部活遅刻する。(超私信)
まぁ卒研っても、もう中間発表の概要は作り終わってて、あとはまぁ「、。」を「,.」に直すくらいっていう感じ。あとはパワーポイントと原稿作ってテラに渡せば俺の前期の仕事は終わり。
まぁもはや前期も後期もあったもんじゃないけど。
あ、概要はここにおいておきますね。このページを見ている数少ない機械工学専門の理系の読者の方々へ、読みたかったらどーぞ。
(これ1バージョン前のだから本番用はページ組みに大幅変更あり)

あ、そうそう。うちの本家のHPのアドレスが変わったので告知。
前:hokaman.org
    ↓
今:hokaman.net

迷惑かけてたら悪いけど以前のはもう使えないから、このページ見たら対応する部分を書き換えといてくださいな。
よろしく。

続きを読む »

この記事のURL | 2006.10.14(Sat)-00:46 | 卒研 | Comment : 00 | Trackback : 00 |

 

中学の友人ら+先生と飲み。楽しかったっす。
相変わらずバカばっかりだね。あぁごめん語弊があった。バカはあの2人だけで。変わった奴らがいるからねぇ。
まぁ文化祭コイよ。そのころにゃ・・・まぁいいや。

今日は米が食いたかったんで昼飯は冷食のチャーハン。でもちょっと肉が食いたいから巷では有名な焼きカルパスを刻んで混ぜてみる。
CIMG2051.jpg
カルパス刻んで、ドーン。
CIMG2052.jpg
Mmm good.(うん、よし。)←イメージ最悪。
焼いても硬いから食い応えがあるね。
しかしスパゲティソースの残りがあるのを忘れてた。明日昼食えるかな?

さーて某いわしに「わかんねーよ!」って言われたけど懲りずに卒研の話。(殴)
今日は午後ずっと中間発表用の要旨を打ってた。けど2ページ中1ページしか進まなかった。また明日からやろう。
俺の研究は実験よりも準備に時間が掛かるからなー。手順さえ作っちまえば実験は多分1時間かそこらで終わるから楽。まぁ今日は進めてないから経過報告でも。
一昨日はドリルの取り付け位置を確認するためにいろいろやってた。あと新しくつけたカメラのための照明とか。
CIMG2034.jpg
いやまぁ、電気スタンドだけど。
んでドリルの取り付け位置の確認したら、前の部品とちょっと干渉するから追加工。
CIMG2037.jpg
大した量じゃないからすぐ終わった。
メインのキャリブレーションではキャリブレーションプレート(下図)を使って、レンズの歪み方をソフトが予想する。この歪みを補正することによって、画像が実際の形に近くなるため計測精度が向上する。
CIMG2053.jpg
今使ってる最小がこれ。一番大きいのは36cm×36cmある。
んで補正した結果がこれ。
収差歪みの補正前後の比較(アニメGIF)
このレンズは広角レンズだから肉眼でもなんとなく歪みが分かるけど、実際エッジ検出で輪郭(赤色の線=補正前の輪郭)比べてみると一目瞭然。わかりやすいね。
普通のデジカメとかもそうだけど、レンズの収差による歪みって結構あるんだなーこれが。集合写真で目いっぱい広く写したいから広角で撮ったら端の人の顔が見るに耐えないとかいうのはこれが原因。

んー、ここまで半年。残り5ヶ月でどうなることやら。
この記事のURL | 2006.10.09(Mon)-00:51 | 卒研 | Comment : 04 | Trackback : 00 |

 

書くぞ。(と意気込んで、はや3日ほど)
ここ数日は夜まで削り物で疲れてたんでね。

そういや例のリング照明。
CIMG1998.jpg
こんな感じ。点けると
CIMG1999.jpg
やっぱ明るい。

んで最近は兄弟登場。
CIMG2021.jpg
上方視点広角カメラで、全体の大まかな画像を撮影して、物体がどこにあるか大体の位置を出す。
下から見ると
CIMG2022.jpg
こんな感じ。ラックの隙間から見てるわけ。
コレのマウントは某ヒゲが製作予定。

さてここんとこ作業してるのはカメラの取り付け治具の製作。
一応ここの所俺の頭の中でまとまってきた案としては、この機械にはカメラが2つ搭載されてて、1つは上方からステージ全体を写してターゲットの大体の位置を決定するためのカメラI。もう1つは工具の近くに取り付けられててターゲットに近付いた後、正確に位置を測定するためのカメラII。
まず始めのカメラIでターゲットの大まかな位置をステージ上の記号などを基準にして概算する。それをコントロールソフトに受け渡してコントロールソフトがマシンを操作。んでターゲットの近くに来たらカメラIIでターゲットを撮影、位置を特定する。あとはあらかじめ決めてあった工具の中心をターゲットの中心と合わせて加工。
そんなわけで、今までZ軸に取り付けていたカメラに加えて、工具(ドリル)を取り付けることになったんだけど、試しに重りをつけてZ軸を動かしてみたら意外と動く。ほうほうと安心してスイッチ切ったら、重量過多でZ軸のナットブロックがストンと落下・・・
カメラって意外と重いのね、とか感心してる暇はなくコリャさすがにまずいので、急遽設計変更でカメラはZ軸のモーターの方に固定することにした。そういうわけで(長っ)、大急ぎでカメラマウントを製作してるわけ。17日に要旨提出だし。
CIMG2023.jpg
これはマウント本体。贅沢にもアルミの削り出し(from 夢の島)に穴あけ。
CIMG2024.jpg
これはカメラを支える突き出し梁で、φ10mm×2本。
CIMG2026.jpg
最後に本体押さえ。だんだんちゃっちくなってくる。
で、全部組み合わせるとこんな感じになる。
CIMG2027.jpg
あとはどうやってカメラ乗せるか考えなきゃ。
この記事のURL | 2006.10.04(Wed)-22:21 | 卒研 | Comment : 00 | Trackback : 00 |

 

| HOME |
 
 プロフィール
 最近の記事
 過去の記事
 カテゴリー
 ブログ内検索
 現在時刻
テンプレート配布元 【画像】武蔵小杉特集 【壁紙】0円のweb素材屋さん