FC2ブログ
Hokaman-blog
送りましたよ、メール。

Sub:はじめまして
「東京都の学生で、○○と申すものです。
今回は名古屋市交通局のポスターについての意見があり、メールを送らせて頂きました。
先日、私が所有しておりますWILLCOMのPHSに関するサイトuseWill.com(http://usewill.com/)上で、名古屋市交通局のポスター(http://kamo.pos.to/dpoke/image/1145852060.jpg)を拝見致したのですが、愕然と致しました。
というのも、写真の人物が使用している電話機は若干の加工をされているとはいえ、どう見てもWILLCOMのPHS「AH-K3001V」をもとに製作されたものであり、店頭で実機をご覧になった方はおそらく確実にそのものが元になっているとわかるでしょう。
問題は2つあります。一つは、この携帯電話に見える電話機が、きちんとWILLCOM側の許可を得て作成されたものかどうか。(ここまで類似していてモデルにしていないということは無いでしょう)さらにその上で、PHSが「低電磁波」をうたっていることを考慮の上で電磁波が医療機器に及ぼす影響を考察しているのかどうか。
1つ目のの問題は、場合によっては著作権・意匠権の侵害にあたることも在り得ますし、なにより下手をすれば風評被害になりかねないと思います。
2つ目の問題も関わってきますが、携帯電話とPHSを差別化する戦略の一つとしてWILLCOMが打ち出しているポイントに「携帯電話よりも大幅に電磁波が弱い」というものがあります。これはWILLCOMの㏋(http://www.willcom-inc.com/ja/service/reliability_safety/index.html)を見ても明らかなことです。先の広告を見ると、前述の電話機が携帯電話であるかのような文面が書いてあり、その電磁波が医療機器に影響を及ぼすという内容になっています。もし閲覧者がこの記事を見てその電話機を「AH-K3001V」だと認識し、その電磁波が携帯電話並に強く医療機器に影響を及ぼすと考えてしまった場合、WILLCOMにとってこれ以上ない風評被害にあたると考えられられます。この状況は、WILLCOM、ひいては自分も含めたWILLCOMのPHSを使用する全てのユーザー、関連会社にとって非常に挑発的なものと考えています。
名古屋市交通局様には、以上のことを考慮に入れて頂いた上で、再度前述のポスターについて検討をお願い致します。
長文大変失礼いたしました。何卒お許し下さい。
これからも名古屋市交通局様のご発展を祈念しております。
失礼致します。 ○○」

長い・・・気持ちに任せて書いちゃって送ってから色々間違いに気づいたのは良くなかったな。かなり稚拙な文章だ。
でもよりによって低電磁波をうたうPHSを使うこたぁないでしょうに。こと京ぽんだったばかりに・・・(笑)

続きを読む »

スポンサーサイト



この記事のURL | 2006.04.24(Mon)-22:38 | WILLCOM | Comment : 014 | Trackback : 04 |

 

WX310K用辞書変換ツールが公開されたそうです。
これでいままで「おうりょく」→「王力」となにかものすごい威厳を感じさせる誤変換をしていたのが、正しく「おうりょく」→「応力」となるわけです。
※応力についてはこちらを参照。

っつーわけで今は機械科に必要な用語の辞書を作ってます。手始めに、WILLCOMをお持ちのK村教官に敬意を表すわけではなくたまたま近くにあった材料学の教科書から、その用語をピックアップ中。機械工学の工学別に作ろうかと画策中。
ん、目的?
俺が使うため
といいつつ公開準備中。

続きを読む »

この記事のURL | 2006.04.23(Sun)-00:10 | WILLCOM | Comment : 00 | Trackback : 00 |

 

今日はなんか頭が冴えていたので前から計画してたUSBメモリのケースを作ることに。

目的:購入2日目にして壊れた憎きIO DATAのTote Bagのケースを作る。
現状:USBメモリーは下載写真のそこかしこに写っているように、基盤剥き出しの状態。

1.材料・道具
s-CIMG0808.jpg

t=1mm塩ビ板、USBメモリ(の中身とフタ)、板ガム(のパッケージ)、グルーガン(この作業の為に衝動買い)、カッター、ニッパー、両面テープ、ヤスリ、ボール盤、筆記用具。

2.設計
s-CIMG0809.jpg

USBメモリの中身とガムのパッケージから各種寸法を決定。

3.中身抜き出し
s-CIMG0810.jpg

ガムは畳んである両端部を開けて中身を取り出す。

4.切り出し寸法
s-CIMG0812.jpg

塩ビ板の切り出し寸法。ガムのパッケージと同じ寸法の直方体を2個作る。(面倒なので1面作らない)

5.材料切り出し
s-CIMG0811.jpg

図面に従って塩ビ板を切り出す。ついでに折り目の筋をカッターで入れる。

6.穴あけ加工
s-CIMG0814.jpg

ドリルで端子の穴を開ける。

7.穴仕上げ
s-CIMG0815.jpg

開けた穴をカッターで整形してUSB端子の形にする。

8.仮組み①
s-CIMG0816.jpg

フタ、フタ側のケースの穴のある板、本体側のケースの穴のある板、本体、とはめてみて組み付けを確認する。

9.組み立て①
s-CIMG0817.jpg

フタ側のケースを組み立てて、USBのフタをケースに接着する。

10.ラベル貼り①
s-CIMG0818.jpg

フタ側のケースに切り開いたラベルを両面テープで貼り付ける。

11.組み付け確認
s-CIMG0819.jpg

フタが本体にはまるか確認する。

12.仮組み②
s-CIMG0820.jpg

本体側のケースを組み立ててみて、組み付け具合を確認する。

13.組み立て②
s-CIMG0822.jpg

本体側のケースの上面の板以外を組み立てて、USBメモリ本体を接着する。

14.仮組み③
s-CIMG0823.jpg

本体にフタをはめ、ラベルを貼る位置を確認する。

15.導通試験
s-CIMG0824.jpg

本体が正常に動作するか確認する。

16.組み立て③
s-CIMG0825.jpg

本体側の上面の板と追加で作った端面の板、さらにアクセスランプ用の板を接着する。

17.ラベル貼り②
s-CIMG0826.jpg

本体側にラベルを貼る。

18.完成(使用時)
s-CIMG0827.jpg

完成図。「9GUM STICKS」の右で光ってるのはアクセスランプ。

19.完成(収納時)
s-CIMG0829.jpg

USBグリーンガム。

20.余り
s-CIMG0828.jpg

いただきます。

1日で作った割には完成度がやたら高いかもしれない一品。
もしこんなクオリティでも欲しい人がいたら、材料費くれれば作るかもしれません。

この記事のURL | 2006.04.16(Sun)-21:11 | 製作記 | Comment : 00 | Trackback : 00 |

 

お疲れさん。
これからしばらくは就職活動で忙しいので部活にあまり出れないかも。悪い。
って、かなり私信だった。

そういえば今は部屋に銅鑼がいるんだな。中学から借りてるやつ。
今日は中学が休みなので返せず、仕方なく同居中。
っつーかでかい。
大きさが32インチ(約83cm)、重さ15kg。倒れてきたら確実に逝ける。早く片付けたいな。

・Fit日記。
走行日 走行距離 平均燃費 最高燃費 最低燃費
04/02  17.0km   15.0km/l 15.7km/l 06.2km/l
04/05  15.7km   13.3km/l 17.7km/l 11.2km/l
04/07  14.9km   15.1km/l 15.1km/l 11.1km/l
04/08  78.7km   16.4km/l 16.4km/l 09.8km/l
04/09  37.1km   16.9km/l 21.9km/l 07.6km/l
04/11  17.9km   12.9km/l 12.9km/l 07.6km/l
04/12  27.5km   13.9km/l 14.1km/l 06.7km/l
04/15  53.2km   15.0km/l 15.0km/l 08.9km/l
演奏会関係で電話掛けまくったから3月31日と4月1日の記録が消失・・・
あとはOBバンド関係とか車で走りまくってるだけに、3月と4月(昨日まで)の合計走行距離は649km+α。まぁ他の用事もあったりするけどたぶん一月半の走行距離としてはかなりの距離のはず。
この記事のURL | 2006.04.16(Sun)-10:25 | Fit | Comment : 00 | Trackback : 00 |

 

Google Videoで「drumline」と検索して興奮している今宵。
さすがに眠くなってきたからもう寝る。
一例。
この記事のURL | 2006.04.10(Mon)-02:14 | 雑記 | Comment : 00 | Trackback : 00 |

 

| HOME |
 
 プロフィール
 最近の記事
 過去の記事
 カテゴリー
 ブログ内検索
 現在時刻
テンプレート配布元 【画像】武蔵小杉特集 【壁紙】0円のweb素材屋さん